食生活に酢を取り入れてダイエットする

酢を食生活に取り入れるとダイエット効果があります。酢は体内に取り込んだ栄養分がエネルギーとして代謝されるのを促します。また必要以上に栄養成分を吸収するのを抑制するので、余分なカロリーを溜め込みやすい人におすすめです。酢に含まれるアミノ酸は、新陳代謝を活発にして、脂肪を分解する働きがある酵素リパーゼを活性化します。食生活に取り入れて、有酸素運動を行うと、効率良く脂肪が燃焼されるので、ダイエットに効果があります。またアミノ酸は肥満を引き起こす悪玉コレステロールも分解します。現代の食生活は、酸性体質になりやすいです。健康的な体を維持するためには、弱アルカリ性が好ましいとされます。酸性に傾いた状態では、代謝が悪くなったり冷え性になったりします。次に調味料として塩の代わりに使うことができ、減塩効果があります。塩分の摂りすぎによるむくみが解消されます。そして、毛細血管における血液の流れが良くなるため、体が温かくなり冷えを予防します。新陳代謝がアップし、便秘も治るのでダイエットをサポートします。よりダイエットに効果的なのが、黒酢です。アミノ酸がたくさん入っています。またもろみ酢にはクエン酸が豊富です。クエン酸は食べ物の消化吸収を助けて脂肪を燃焼し、コレステロール値を下げます。空腹時に摂取すると、胃に負担がかかるので食事中か食後に取り入れます。一日に15~30mlが目安です。特に黒酢は飲みにくいので、水などで薄めるか、ハチミツを加えて美味しく飲みます。牛乳で割るとデザートとして楽しめます。その他に、サラダのドレッシングにするなど、料理に使う場合もバリエーションが豊富なので毎日続けることができます。