水泳などの有酸素運動で体引き締め効果

ダイエットで脂肪燃焼や体引き締めに効果が期待されるのが、有酸素運動です。
有酸素運動とは、ジョギングや水泳、サイクリング、ウォーキング、縄跳びなど、あまり負荷をかけずに、20分以上の長時間で行う運動のことです。
体内に酸素を取り込んで、体内の糖分や脂肪を燃焼させることでエネルギー源となり、体脂肪を減らし、同時に体引き締めの効果が期待できるのです。
その中でも水泳は、水の浮力、抵抗、水圧、水温など、陸上とは違った運動効果があります。
水中では、水の浮力によって足首や膝、腰などにかかる負担が、陸上に比べて軽減されます。
膝や腰などを痛めていたり、障害がある場合でも負担が少なく有酸素運動を続けることができるのです。
水泳では、必ず泳がなければならないというわけではありません。
水中を水の抵抗に逆らいながら、ゆっくり歩くだけでも有酸素運動になるのです。
水泳は、水の抵抗に逆らって泳ぐので、上半身の筋肉をよく使う為、上半身が鍛えられます。
筋肉が鍛えられると、基礎代謝が高まるので、ダイエット効果も期待できます。
また適度な水圧によって、身体の表面付近にある静脈が圧迫されるので、心臓に戻る血液の量が増えます。
1回に押し出す血液量が陸上よりも増え、脈拍がわずかではありますが上がりやすくなり、カロリー消費も多くなります。
また、冷たいプールの場合は、体温よりも水温の方が低くなる為、身体が一定の体温を保とうとする自律神経の働きによって、代謝を高め、エネルギー消費も増えるのです。
水泳で有酸素運動の効果を高めるには、時間を決めて運動することが大切です。
途切れ途切れで行っても効果はありません。
有酸素運動をうまく活用して、体引き締め効果を実感しましょう。